結婚と貯金!財形貯蓄とは?

最近、高校時代から仲のいい友人の結婚式に行ってきました。
晩婚化とは言いますけれども、確かに周りの人たちで35超えてから結婚する人多いですね。

実はその挙式を挙げた友人が、2年前にプロポーズをされていたのですが
その時旦那さんは貯金がほぼ0だったそうです。
友人の方も一人暮らしでいいマンションに住んで、
奨学金も返していたのでそこまで貯金もなく・・・
結局二年後の今頃挙式を挙げたらしい。

私は28歳で結婚したけど、500万貯金がありました。
実家暮らしだったからかもしれないけど….。

結婚にかかる実際の費用は平均177万円だそうです。
そのうち、女性は平均4割を出すらしい。65万くらい!
しかし、未婚の女性の貯金額平均は79万円。0~50万の人が32%も。

女性だから貯金額はなくてもいいのかな?!
実際私も結婚の際に出したお金は50万くらいだったし。。。
しかし貯金が全くないというのもなんだか心もとないですよね。

貯金が出来ないって人におすすめなのは財形貯蓄ですね~
財形貯蓄とは、会社の給料から天引きしてもらって提携した金融機関に貯められるというものです。550万まで非課税なので得した気分^^

それに、家を買いたい人には大きなメリットもあります。
財形住宅融資っていうのがあって、財形貯蓄を一年以上していて50万円以上残高があれば、
残高の10倍(最高4000万だけど)まで、住宅を買うのに必要なお金の80%まで借りることが出来るんです。

財形は1年経つまで、勤務先によって払い出し受付期間や払い出し日が決められているので
なかなか引き落とせずどんどんお金がたまっていく仕組みです。
住宅財形や年金財形はその目的以外で引き出しちゃいうと解約だし、さらに税金がどんとかかる!
こんなの貯まるに決まってますよね!

貯金目的だったら
会社の給料はそのままで、アフィリエイトや副業を頑張ってその分は全部貯金にするとかでもたまると思います。
使っちゃわない意思が大事!!
なんだか結婚の話から話がそれちゃいましたが(笑)、貯金はホントした方がいいですよ~。