LINEスタンプ

ネットビジネスはアフィリエイトの他にも色んな物がありますが、
みなさんもきっと使っているLINEでもビジネスは行われているんですよ!
それは、スタンプです。
スタンプって、一般人でも販売できるんですよ。
クリエイターズ・マーケットと言って、一般人が作ったスタンプを販売するサービスがあって、
10位までの平均販売額は2230万円!
クリエイターズ・マーケットでは売上額の約50%が作者に分配されるため、
上位の人たちは1000万円近くを手に入れることになるのです・・・。
しかも10位までの「平均」ですからね!1位なんてどんな額になるのやら。

しかし、スタンプで儲けたこのお金にももちろん税金はついてきます。
サラリーマンや給与所得者が副業でやっているものは、20万円以上であれば確定申告が必要になるというのは何度も言っていますよね!

本業が無く専業主婦や学生でも、年間38万円を超える利益が出れば確定申告しなければいけません。
税金はどれくらいになるのかというと、
195万円以下だと税率は5%。
~330万円だと、税率は10%。
~695万円だと、20%。
~900万円だと、23%。
~1800万円は、33%。
1800万円を超えると40%です!

ラインスタンプ売上10位以内の人たちは
おおよそ売上の33%を税金として払っているということですね。
1000万円だとして33%は330万円・・・!
それが、次の年の春に払わなきゃいけないんですから
うっかり使いすぎてたとかになりそうですね。怖いです。

どんな収入にも確定申告は必要ですから、
この確定申告シーズンに確実に申告しましょう。延滞金取られちゃいますよ。