アフィリエイト収入は税務署調査で一網打尽

アフィリエイトで稼いだお金も確定申告しなければならないって話は前にもしましたよね。
バレたら大きな税金を払わなければいけないんですからね。
といっても、1年で何百万も稼いでいるアフィリエイターでもバレていない人もいるっていうのが現実です。

それも、アフィリエイトサービスをアフィリエイターに提供するプロパイダ―が誰にいくら払ったかを税務署に払う義務がないからなんですね。

しかし、税務調査がプロパイダ―に入れば話は違います。
プロパイダーは税務署に、「どこに支払ったか」という資料を見せる必要があるのです。
毎月100万などを受け取っているアフィリエイターがいたら、そこから税務署は調査を始めるということです。
税務署は不正を見つけてなんぼですからね。
怪しいものはすべて調べられてしまいますよ!

また、アフィリエイトやせどりなどの
ネットを用いた商取引に対しての専門部署の設置が全国的に広まっているので
捜査員の数が増えているということですよね。
技術もどんどん広まりますし、
マイナンバーの導入もあり個人情報保護の認識もこれから、多かれ少なかれ変化がありそうです。

毎年確定申告していれば大きな額の徴収はありませんから、
ずるはしないで申告しましょうね!