アフィリエイト、結局いくら稼いだら税金払うの?~給与所得と事業所得の違い~

こんにちは!

アフィリエイターの払うべき税金について、けっこう細かく突っ込んできました。今回はちょっとだけ視点を戻して大まかな話をしましょう。

ずばり、アフィリエイターはナニ所得?
これ、わかりますか?

サラリーマンは「給与所得」です。会社から、労働の対価として「給与(給料)」をもらっていますからね。
でもアフィリエイターって…たしかに「どこか」から報酬はもらっていますが、それは「給料」ではないんですよね。

この「報酬」という言葉が大事。報酬をもらって仕事をしている人は「事業所得」という区分になります。だからアフィリエイターもこれです。「個人事業主」と名が付いて、自分で確定申告をする人はみんなこの「事業所得」です。

じゃあこの「給与所得」と「事業所得」。
決定的な違いはわかりますか?

所得を得ている以上は税金を払わないといけないのはどちらも同じです。

ただしこの税金額を算出するときのもうひとつの大事な要素「控除額」。これについて、給与所得者と事業所得者には決定的な違いがあるんですよ。

というわけで、次回はこの「控除」についてのお話でーす!